お任せします。じゃなくて、お任せください!です。

セラピスト有紀です。

先日とあるところで

「お任せします」っておっしゃるお客様の話になりました。

お客様にアロマトリートメントを施術するとき、

プランタでは、お客様に精油の希望は基本的に聞きません!

へっ?って思われました?

これ本当です。

だって、ご自身のその時の心と身体にベストな精油、

どれが良いですか?って聞かれて皆さん選べます?

私は選べますけども。。。←そりゃぁそうだ。

精油の希望は聞きません!

カウンセリングでお話聞いて、お客様が

困っていること

改善したいこと

に合わせた精油はこちらで選びます。

お客様の〇〇にはこれ、ちょっと言ってた〇〇にはこれ、香りをより良くするためにこれ、

説明差し上げて香りを確認していただくと

その場でもう半分復活!元気になった!ぐらいの明るい笑顔を見せてくれます。

そしてホッと身体を緩めてさらに倍!ってくらいリラックスしてくださいます。

私自身もたまにサロンに行くのですが、(ちなみに、めんどいから正体は隠して行きます。)

セラピストさんが精油を選んでくれたことは多くはないです。

カウンセリングでどこがどうと伝えたとしても

結局、数種類の精油の中からどれが良いか聞かれる。

私はアロマを知っているから、

自分のその時の身体に合わせた精油を選べるけど

一般の方は選べませんよね。好きな香りを選ぶしかない。と思うのです。

いや、それは当然のことですよ。

なので「どれが良いですか、今日はどうしますか」アロマサロンでこのセリフちょとがっかりしちゃいます。

お客様に「お任せします。」と言わせず、

お客様に「お任せください!」とお伝えする。

そうすることで、お客様が大船に乗った気持ちで施術を受けてくだされば

ココロもカラダもよりほぐれると思っています。