素晴らしい対応!

2019年8月7日

セラピスト有紀です。

先ほどの記事に書かせていただきましたわかさ生活さんから早速返信があり、対応してくださいました!

「駒崎 有紀様

わかさ生活「WAKASA Life」記事担当の     です。

この度は、貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございます。
誤解を招く表現や写真であったこと深くお詫び申し上げます。
今後の記事掲載には細心の注意を払ってまいります。
当記事につきましては誤解のない表現に見直すため、取り下げさせていただきました。

また、いただいたご質問につきまして、当社が販売している商品として、
1粒に「ローズオイル」を3mg

使用している「ローズオイル」は水蒸気蒸留法によって抽出された
ブルガリア国立バラ研究所認定の「ダマスクローズ」オイルです。
ブルガリアでは長年食されているもので、日本国内でも食品等に使用されているオイルでございます。

記事掲載については細心の注意を払ってまいりましたが
今後より一層気を引き締めてまいります。

駒崎様からのご意見真摯に受け止め、みなさまに安心していただける
商品を今後も作ってまいります。」

最近、食品添加物だからという理由で精油を経口摂取する人たちがいるようで私の周りのセラピスト達で大変話題になっています。

もしかしたらこのお返事を見て、

「じゃ、そのブルガリアのダマスクローズオイルを手に入れれば飲んでいいの?」

そう考えた人もいるのでは?(どうしてそこまでして飲みたいの?だったら、わかさ生活さんの商品を買うのが一番安全です。ブルガリアだったらいいんじゃなくてわかさ生活さんが契約しているオイルでしっかり検査されているものだからこそです。)

私たちが普段口にしている食品の香料として精油が使われているものはたくさんあります。

ただし、それは食品に添加することに許可を得ているということで、食品を作る専門家が扱うもの。研究を重ねて作ってくれた商品だから安心して口に入れることができます。(ちなみに今回のサプリメントも食品分類になります。)

食品に添加する香料として使う場合には、安全な精油の種類とその種類によって適切な量が決まっています。もちろん研究がされていてそれなら安全と今のところわかっているものに限りますので、私たちがおうちで精油を口に入れたり、お料理に香料として使うのとは訳が違います。

一般的に食されているから、食品に使われているから、高品質だから。だから一般家庭で食していいと言うことではありません。その商品を作る専門家が研究を重ねて作ったものだから安心して口に入れることができるんです。

そもそも精油を口に入れることはリスクが伴います。その精油にどんな成分がどれくらい入っていて、だからそれをどのくらい摂取するのがいいのかを知っているのならどうぞ。何でもそうですけど特に口に入れるものは量に依存しますから、間違えると毒ですよ!

(料理家が勧めてたりするみたいだけど、料理家は料理の専門家だから心配。香料を扱う食品製造の専門家なら信用できるかもしれないけど。どうしてそこまでして飲みたいの?笑)

精油は口に入れるものではない。のではなく知識がない者が口に入れるにはリスクが高すぎるから危険。ということです。

私は食品作りの専門家ではなく、アロマテラピーの専門家なのでどれくらいならオッケーとかどこどこで食されているからオッケーなんて無責任なことは絶対言いません。だから、ダマスクローズオイルを3mg口から摂取する安全性も知りません。

なので商品を批判するものではなく、商品紹介について疑問を持ったと言うことを理解していただけたようなのでホッとしました。

初めてのご意見番(笑)想いが伝わって良かったです!わかさ生活さん、ありがとうございました!