聖なる煙キフィ ミルラ

キフィ作りを頑張っているセラピスト有紀です。

投稿がたまってまーす(笑)

8日目(?)カラマスに続いてゴリゴリ系。ミルラです。

没薬って書いてあるけど、ミルラだし、マーとも言われます。

なんか紅茶の飴を思い出す色ですね。

あれまだ売ってるのかな〜紅茶の飴。大好きだったな〜探してみよう。

さて、フランキンセンスやカラマスに続いての擦り潰せるのか?シリーズですね。

お察しの通り大変でした。

固いしフランキンセンスほどではないけどちょっとベタついてて

擦り鉢の溝が溢れんばかりです。

ではミルラのことちょと。

以下Wikipedia より

古くから香として焚いて使用されていた記録が残されている。 また殺菌作用を持つことが知られており、鎮静薬、鎮痛薬としても使用されていた。 古代エジプトにおいて日没の際に焚かれていた香であるキフィの調合には没薬が使用されていたと考えられている。 またミイラ作りに遺体の防腐処理のために使用されていた。 ミイラの語源はミルラから来ているという説がある。

ミイラの語源がこのミルラからきているんだってー!

ミルラは、植物性ゴム樹脂なんだけども、それに防腐作用があるって発見している古代エジプトの人たち凄くないですか?いや凄いです。

なんで樹脂をミイラ作りに使おうと思ったんだろう。。。。知りたい!

チコちゃんなら知っているかな?(笑)

気になる香りですが、ミルラの香りってホント表現が難しいのだけど、

これと言った匂いが無くて空気感が変わる感じ。

ほら、神社とか行くと鳥居入ったら空気感が変わるパワースポットありますよね。あんな感じです。

樹脂をゴリゴリしててもその感じがありました。

それにしても潰しきれん!

今日は(今日は?)この辺で勘弁してやろう。

樹脂系が増えたら、キフィ(になりかけ)が随分と固くなりました。

構わずガラス棒で混ぜてたら。。。

折れました😭💦

割り箸にチェンジします。(説明書きには割り箸などって書いてあります)