聖なる煙キフィ3日目

聖なる煙キフィ作り3日目。

今日はヘンナを混ぜました。ヘンナの!🤣笑うところです。

お茶みたいな匂いがするハーブでした。

ヘンナってなに?

以下Wikipedia より

葉を乾燥させて粉にしたものを水などで溶いたものが、古くから髪・眉・爪・手足などの染色やペイントに使用されている。染料となるのはローソンという赤色(オレンジ色)色素で、そのローソンがタンパク質に絡み付く習性を持っているため、人間の頭髪や皮膚に色が付く。その歴史は、記録に残っている限りでは先史時代にまで遡り、クレオパトラもヘンナで爪などを染め、現代で言うマニキュア代わりとして使用していたという。

ヨーロッパではトリートメント目的でペルシャ産のヘンナが使われており、日本でも近年白髪染めとトリートメント目的でインド産のヘンナが使用されている。一般的にペルシャ産のヘンナの方が質が良いとされている。

なんだ。ヘナのことね!

混ぜてみた香りは。。。

ちょっとクサかった笑

粉っぽいの入れたから

一気に量が増えて硬くなりました!