発言することは孤独である

https://aroma-yuki.com/2019/03/30/post-121/

先日の記事↑(リブログ的なやり方が分からないからリンク貼っておきます)

とは言ったものの、実際みなさんは自分の意見って言える?

「私はこう思う!」って言い出すのって勇気がいる。

特に日本人は「和」を好む傾向にあると思う。

ひとと同じが好まれて、そうねそうねって頷いていれば空気も乱さずまるーく収まる。それって考えなくて良いし、まさに平和だ。

この間、TVでトコロさんも言ってたな。その方が早く帰れて奥さんが作った夕飯をゆっくり食べることができるって(笑) 愛妻家!ステキ

まぁ、それも一理ある。大人の世界だね。

私はというと、時と場合によりその「和」を乱してしまう傾向にあるらしい。

昔、母に「有紀は気持ちや考えが人より多すぎるから日記を書きなさい。」と言われて日記というか溢れ出てくる想いをノートに書いていた。(恋文かっ!)

紙に書き出すことで一旦整理することができて、口に出さなくてもだいぶ消化出来るようになった。今はやってないけど。

それでも、ついついうっかり意見を言ってしまって後悔することがある。大勢で皆が下向いてる時や、ん?って思っているのに誰も何も言わない時。「ちょとすいませんけど〜」なーんて言い出してしまう。そんな人いたら、うわぁお!って思うよ、私なら(笑) だから思われるのも分かっているのにやるよね〜。それで苦い思いも結構してきた。なのに繰り返す。(めげないw)

そもそも自分の想いを発言することは孤独なのだ。考えがあるのに、周りにどう思われるかなんて気にしてたら自分がなくなってしまう。黙ってる方がストレスだ。

しかーし!実はちょっとビビって黙っていた傾向にあったことに気づかされた仕事に関すること(アロマのことなど)に関して自分の考えを安易に発信しないようにしていたかもしれない。

それが、今ぱーっと晴れた気がしている。

かと言ってプロフェッショナルという立場から思いを発信するには相当な勉強が必要だ。やるべきことが見えてきた。

まずは孤独を恐れるな!そぅ自分に言い聞かせているところ。