私たちアロマセラピストは何をすべきか

今日は、

高山林太郎の遺言

-アロマセラピストに遺したメッセージ-

「これからの日本アロマテラピーに私たちは何をすべきか」

イベントセミナーに行ってきました。

高山先生はアロマテラピーを勉強している方なら見たことあるお名前かもしれません。

ロバートティスランドさん、シャーリープライスさん、ジャンバルネ博士、などなどアロマテラピーの歴史で勉強する各著名人の著書を翻訳された方です。高山先生自身もアロマテラピー・植物療法研究家でいらっしゃいます。

私はお会いすることができませんでしたが、本は何冊か持っていますし、ブログもよく拝見しておりました。

アロマセラピストに遺したメッセージと言われたら。。。

おこがましいですが😅今日はそのメッセージを受け取りに行ってきたわけです。

得るものは沢山ありました。突き動かされるような何かを感じて帰ってきました。

あーなんというタイミングでブログをリニューアルしたんだ私は😳これから自分なりの考えをバンバン発信していくぜ❗️というやる気に満ち溢れている状況です。

おでかけ

Posted by 有紀